あなたの死後、ブログの相続はどうなるの?

どんなに健康であっても不運な事故に巻き込まれて、

突然亡くなることだってあるかもしれませんよね。

 

それはとっても悲しい事なんですが、

自分の死後のために、パソコンの処理を事前に設定しておく人が増えてきましたよね。

例えば見られたくないものを一斉消去するソフトだとか。

じゃあブログの場合は?

「 このブログの収益ってどうなるの? 」という疑問が出てきます。

そこで今回はあなたの死後、ブログをどうするか?をご紹介していきます。

 

 

アドセンスの存在を家族が知らない場合

趣味や、小遣い稼ぎのために

こっそりとブログを開設している人は結構多いと思います。

好きな事を書きたいからこそ誰にもブログの存在を話していない。

しかし、もし自分の死後にブログ収益用の通帳が出てきたら?

通帳がなくても口座を知られてしまったら?

「 なんだこれ?!googleからお金が振り込まれてる! 」

と家族は驚く展開に。

ちなみに、振込の名前は設定から自由に変更できます。

デフォルトは「Google adsense」となっています。

仮に、ブログで収益を上げてたことが判明しても、

パスワードとIDが不明なら家族でもどうすることもできません 。

パスワードとIDがわかれば、管理者を相続することができます。

 

ドメインやサーバーの相続は?

ブログのログイン方法だけでなく、ドメインやサーバーなども同様です。

ブログの収益自体は配偶者や子供に相続権がありますが

万が一、サーバーの契約切れ!

なんて事になったら、その時点で終了です。

では、ブログの存在を知っていて

亡くなる前に遺言などでちゃんと家族に知らせる手段を

とった場合はどうなるのか?

 

実は、業者によって引継ぎが出来るところと

出来ないところがあるんですねー!!

ムームードメインの場合

管理画面から、意外に簡単に管理者の名前を変更できます。

引き続き、家族が所有することも可能だそうです。

めっちゃ良心的!

*パスワード忘れの場合をのぞく

 

お名前ドットコムの場合

こちらも「サーバーNavi」から簡単に申請できます。

あ、そうなの?って感じです。

 

ロリポップサーバーの場合

亡くなった後の、引継ぎは出来ないので契約終了となります。

契約者が亡くなる前で、

なおかつ連絡がとれる状態であれば引継ぎができます。

(↑ どんな状態ですか?!)

なので、まだ話せる状態のうちに

手続きをする事をおススメしますm(__)m

 

さくらレンタルサーバーの場合

契約者のID,生年月日、メールアドレス等がわかっていれば、

家族に相続できるそうです。

 

Xサーバーの場合

権限譲渡する際に下のいずれかの書類を揃えなければいけません。

・それぞれの印鑑証明書
・死亡診断書
・遺族の同意書

一旦契約が切れてしまってからは削除されてしまうので

復活することはできません。

 

さすが、ほとんどのトップブロガーを抱えているだけあって、

きちんとした対応してますね!

 

アフィリエイトの相続はできる?

では、実際の提携先のアフィリエイト業者はどうなのか?

アフィリエイトも稼ぎ柱の1つなので無駄にはできません!

a8.netの場合

契約者が亡くなると、その時点でアカウント閉鎖に。

それ以前に発生した収益は相続人に支払われるみたいです。。

一旦、リセットされるワケですね。

 

アフィリエイトBの場合

こちらも上と同様に、継続は出来ないらしいです。

それが、” 如何なる理由でも ”だそうです。

 

Amazonの場合

こちらは登録の名前など、名義を簡単に変える事ができるそうです。

アフィリエイト業者の中では寛容です。

 

万が一、のために家族に知らせる6つの項目

残された家族に面倒をかけないようにIDやパスワードなどを

ノート等にちゃんと書き留めておくことが必要になってきますね!

書き留めておくこと

・ブログのログインIDとパスワード

・使用していたメールアドレスとパスワード

・ドメインとサーバーのログインデータ

・ドメイン・サーバーの更新日

・収益用の口座

・パソコン自体のログインIDとパスワード

今までは土地の相続とか、貯金の相続が主流でしたが、

今後はネット上の収益をどんな風に残していくか?を

考える人が多くなりそうですね!

 

ブログの相続を考える

ブログの収益はその月によって変動します。

誰が管理者になって、どう運営していくか?

そういう細かいことも、ちゃんと明記する必要があると思います。

ある程度安定した収益を生むブログなら、

サーバーとドメイン、プラグイン等の更新さえしていけば、ほぼ放置でも大丈夫です。

子供譲るなら成人するまで誰かに管理をしてもらうことになります。

アドセンスは18歳未満は契約ができないからです。

子供がいなければ親、兄弟に譲る、

面白いことに女性の場合、

「夫に譲りたい」という人にあまりお会いしたことがないのですが。

 

ただ、相続すると確定申告などもあるので税理士さんに相談しておくことも

必要になってくると思います。

 

 

 

関連記事

  1. 母子家庭

    子育て女性起業支援助成金使える人はどんな人?

  2. 夫婦の経費

    夫婦で【 外食打ち合わせ 】は経費になる?

  3. ブログで収益得るために「お金をかけるか?」「時間をかけるか?」

  4. ブログで10万円を稼ぐ方法

  5. 資金がないだって?じゃあ助成金を利用しよう!

  6. 副業の税金はいくらから?確定申告は?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。