10年後、あなたの職種は存在してる?

AI(人工知能)が色々な所に使用され始めてきて

どんどん人の代わりを務めてくれる分野が増えてきてますよね。

 

それって危ない仕事や人手が足りない仕事に関しては

ありがたい事なんだけど考えようによっては、

 

「 仕事を奪われている 」

 

って事にもつながってきています。

今後、さらに人間の仕事をロボットで代用できる時代になったとして

10年後、あなたの職種はまだ残っているでしょうか?

アメリカ労働省のデータに基づいて

ロボットが人間の代用が務まるかどうかの試算をした結果、

次の職種が可能という結果がでました。

ロボットが人の代用ができる仕事
・タクシー運転手
・レジ係
・データ入力
・銀行窓口
・コールセンター
・保険営業員
・経理担当
・薬剤師

などなど・・・。

あなたの職種は入っていますか?

もう、これは人工知能に仕事を奪われてしまうという

危機感を持たなければいけませんね!

 

じゃあ逆に生き残れる職種って何だと思いますか?

ロボットが人の代用は難しい仕事
・ソーシャルワーカー
・心理カウンセラー
・看護師
・内科医
・看護師
・聖職者
・経営者

これって人の【中身】に関係する仕事が多いですよね。

どんなに優秀なロボットでも人の精神状態までわからない。

脈拍なんかで状態はある程度

理解できるかもしれないけど微妙な心の動きまではね。。。

 

さあ、この結果を見てあなたはどんな対策を考えますか?

 

もしかして「職がなくなる」なんてあり得ないですか??

 

関連記事

  1. ブログライターで稼げるのは最初の3カ月間だけな理由

  2. 心理カウンセラーは仕事がない?

  3. シングルマザー、ブログで高収入を得ることは可能か?

  4. 仕事辞める理由ランキングとタイミングは?

  5. 自分の『 天職 』がわかる!適職診断の的中率と説得力!!

  6. あなたの知識や経験がお金になる方法

  7. 2018年の【有効求人倍率】とは?をわかりやすく説明します

  8. 【趣味を仕事にする】って最高じゃん!副業から本業にする方法とは?!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。