httpsとは?sslとは?

2018年、7月からGoogleさんが本気を出してきました。

ちゃんとセキュリティ完璧でないと、警告表示出すよ

つまり、保護されていないページや画像があると

読者の目にも警告表示がさらされてしまうんですね。

 

 

httpsとは?httpとの違いは?

ブログやサイトのURLって、この部分のことを言いますよね。

必ず、httpもしくはhttpsから始まっています。

上の画像では【https】になっているのでセキュリティ化されているということになります。

で、セキュリティ化されていない場合は【http】のままになっているんです。

じゃあhttpのままだと、どういう事が起きるか説明していきますよ~。

そう、ハッカーと呼ばれる悪意ある人に、個人情報を抜き取られてしまう可能性があるんですね!

なので必ずネットで何かを買ったり、個人情報を記入する場合は

httpsになっているかどうかを確認することが大切です!

銀行やカード会社などは必ずこれをしていて、

URLの前に鍵のマークがついています!

これはインターネットエクスプローラーのブラウザで見た場合。

Googlechromeでサイトを見た場合はこのようになっています。

 

で、セキュリティ化されていないサイトのURLはこんな風になっています。

「 i 」マークが付いていますね!このマークをクリックするとこのようなウィンドウが出てきます。

これよりひどい警告が出る場合はこちら

個人の方のブログや個人で作られたショップサイトなどは

こんな感じになっているのをよく見かけます。

sslとは?

SSLとは抜き取られては困る個人情報などをデータを【暗号化】する役割をしてくれます。

どういう状態になるかというと、

 

こんな感じですね!

こうしてデータを暗号化してセキュリティ化されたサイトは

httpsというURLになるという仕組みになってますよ。

ブログやサイトで予約をとったり、何かを売ったりする場合は必ずこのセキュリティ化をするべきです。

httpsなのに、セキュリティで保護されていない場合の対処法

まずはGooglechromeを開きます。

chromeが入ってない人はこれを機会にインストールすることをおススメします。

①chrome開いたら、右上の点が3つ縦に並んでいるのをクリックします。

そして「シークレットウィンドを開く」をクリック。

 

②すると、真っ黒い画面になりますのでもう1度ここに自分のブログのURLを貼り付けます。

ブログの画面が出てきたら、パソコンのキーボードのF12 を、押してください。

③すると、右にサイトの「ソース」と言われるものが出てくるのでエラーマークと数を確認。

このエラーマークをクリックすると、1番下にエラーの場所が出てきます。

 

ここのソースを見ると「png」となっているので、イラスト画像だということがわかります。

そしてその前に表示されている(上の画像の消している部分)が

そのイラストのURLになっています。

それを差し替えると、エラーが消え保護される状態になるというわけです。

そのエラー表示されている部分をクリックすると、

対象になっているイラストが出てくるのですぐにわかります。

この方はまだ黄色い表示ですが、深刻なものになると赤のエラーマークが出てしまうので

早急に修正するようにしてね!

関連記事

  1. 他サイトの画像をブログに引用する方法

  2. ブログデザインの作り方!見た目で9割決まる【読んでもらえる設定】とは?…

  3. 色の組み合わせサイトで、誰でもハイセンスになっちゃう件

  4. グーグル検索順位1位になると【クリック率】は何%!?

  5. 【Skype設定の方法と使い方】を初心者でもわかるように説明してみた

  6. スマホで出来る!フェイスブック登録方法

  7. ワードプレス5.0に更新したら投稿画面が激変した時の解決方法!

  8. 【フォトスケープ】という画像編集は神ソフトだという件

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。