稼ぐ

稼げる手段は目の前に?!ざっくりメールへの私の返答とは?!

時々、フリーメールや塾生さんからの質問で

「 稼ぐには、どうしたらいいですか?」

と、ざっくりな内容が届くことがあります。

 

これの返答って、困る人多いでしょうね。

でも実は、すぐ目の前に答えがあるんだけど気づかない人も、やっぱり多いんです。

「稼ぐ」という種類は2つある

結局、お金を稼ぐには大きくわけて

1.人に何かを売る

2.人を指導する

この2つだと思います。

たいてい、世の中はこのどちらかに当てはまっているような気がします。

人に何かを売って稼ぐ

これは物品だったりサービスだったりします。

洋服やアクセサリー、家電や不動産などは目に見える商品ですよね。

違う種類で言うと、

美容師やエステ、英会話教室に工事の依頼などはサービスを売る商売です。

これが自分の技術を売ることになります。

物販の場合は、まずは仕入れをすることからスタートし

技術を売る場合は、スキルをつけることからスタートします。

ブログやアフィリエイトの場合も、「情報を売っている」ことでアドセンスの収益が発生するので

こちらの方になると思います。

人を育てて稼ぐ

これはセミナー講師や師弟関係のあるものに成立する稼ぐ方法となります。

例えば、さっきの商品やサービスを売る方のスキルがアップして

そのノウハウを人に伝授できる域になると

この方法は可能になります。

まずは自分が実績を作らなければいけません。

 

占い師で何百人も鑑定をしてきて、

すっかりそのノウハウが身につき、なおかつ収益も発生している。

それから始めて人に「伝授する」といことができます。

占いが得意だからといって、

最初から講師になるには少し無理があるように思います。

まずは自分が実績を作る。

そうなると言葉にも説得力が出てきてリアリティもある。

色々な想定にも対処ができる経験もある。

ここまできて初めて、人を育てることができるんだと思います。

 

これらを踏まえると、

どうやったら稼げるか?の質問を考えると

まず自分が売れるものは何か?

を見つけ出さないといけないことがわかってきますよね。

 

稼げるネタを探すには?

「どうやったら稼げますか?」

とざっくりな疑問を持っている人は、自分のネタ探しから始めてみましょう。

自分の経験や過去の職歴、

得意不得意の分野、

ずっと継続してきたもの、

これらを今の世間のニーズと合致するところはあるか?

 

料理を作るのが凄く得意で誰にでも褒められてきたというなら

小さいながらも飲食店やお弁当屋さんをすればいいし、

自宅を厨房としてネット販売だってできる。

そこから稼げるかどうかは、結局は自分次第。

 

「資金がないから」「時間がないから」「方法を知らないから」

 

のないないづくしを放置しておくと、稼ぐこととは程遠い毎日を送るしかありません。

時々来る、こういった類のメールを送る人は

どんな答えを望んでいるかはわかりませんが、

どんでん返しの、棚からぼたもち的な美味い話なんてありませんから。。。

関連記事

  1. 副業でいくら稼いだら確定申告が必要?

  2. 「どのくらいで稼げますか?」は愚問です。

  3. 貧困と呼ばれる社会の底辺となる人達が、929万人もいる?!

  4. 超初心者がブログで稼ぐことは、絶対に不可能なのか?

  5. ブログ収入で成功した人達の3つの共通点

  6. 仕事辞める理由ランキングとタイミングは?

  7. 1カ月1万円以上稼ぐが限定!スマホで稼ぐ4つの副業

  8. ブログ更新できない、モチベーションダダ下がりの君へ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。