フランチャイズとは?オーナーになるための契約方法

もう、自分で色々と考えたりせず手っ取り早く起業したいなら

フランチャイズ が一つの方法でもあります。

昔に比べ、今では多種多様になり自分に合ったものが探せます。

 

 フランチャイズって何?

フランチャイズとは、ここの協会に加盟している企業に応募してオーナーになり、

看板やサービス、商品を扱う権利をもらって売上からその権利の対価を支払うものです。

もちろん経営のノウハウや商品の知識なども一緒にパッケージされているので

何もわからなくても運営をしていくことができるようになっています。

まあ、のれん分けをしてもらうって感じになりますね。

元々あるブランド力と安定感があるのでイチから起業するよりかは

心強いところがあるかもしれません。

 フランチャイズの始め方

まずは自分に合ったものや条件などを知らないといけないので

色々な所から資料請求するところから始めましょう!

できるだけ手元に資料を取り寄せて、どんな業務でどんな形態かを

知る事が大切です。


資料請求はこちら
フランチャイズ100社を比較

 複数のフランチャイズの選び方

どのフランチャイズにするか?を考える時。、

今までの加盟店数と現存する加盟店数を比べてみます。

今まで、どのくらい加盟した人がいて現存どのくらい残っているか。

ここに差があると、「 撤退した人が多い 」という事になります。

撤退した人が多いということは、思ったほど稼げなかったり

体力的にキツイ仕事だということがわかります。

 

今後、需要がありそうかどうかを考える

今、あまり名前が知られていなくても需要が高まって伸びていきそうなもの、

利益や店舗数が右肩上がりになっているもの、

知名度が高くて安定感があるものなどを選んでいきます。

 

資金を調達しておく

どの業種にするか決める判断の一つに

どのくらいの資金がいるかを把握しなければなりません。

例を挙げると・・・

店舗別資金の必要額

・コンビニエンスストア(250万円~350万円)

・古本、ビデオ販売(300万円~500万円)

・パソコン教室(50万円~)

・便利屋(100万円~150万円)

・ラーメン店(200万円~400万円)

・弁当屋(200万円~350万円)

これらは開業にかかる費用で、維持費は別にかかってきます。

また、軌道にのるまでの生活費などある程度の貯蓄がないと

余裕をもって事業をおこすことですね!

 フランチャイズのメリット・デメリット

メリット

①ノウハウの提供がある

今まで経験のない人でも「 研修 」などを通して

経営ができるようにノウハウを伝授します。

自分で一から始めていくよりかは確実に実績をあげられるでしょうね

 

②ブランド力と知名度

大手のフランチャイズであれば知名度があるので

認知に時間がかかることはありません。

あまりに知名度があるお店だと

すでに供給が追い付いている場合があるので、

その地域に絶対に必要かどうかを見極める必要があります。

③働きながら貯蓄ができる

まずはフランチャイズで起業することのノウハウを得て

その後で独立することもできる制度を設けているところもあります。

人脈や技術もない人にはうってつけの方法です。

 

デメリット

資金がある程度必要になってくる

自分自身で開業する場合、極端に言えば、

0円からスタートする事もできます。

しかし、フランチャイズの場合は入会金やら諸経費で

かなりのお金が必要になってきます。

ノウハウ代なども込みの料金になっているんですね。

融通がきかない、個性をだせない

価格やメニュー、お店の方針など、

自分が思ったことをお店に反映することができないので、

やりがいが薄れてしまうかもしれません。

「 もっと、こうした方がいいのに。」と思っていても、どうにもできない

ジレンマが生まれそうです。

 

本店の業績によって左右される

自分の店舗が頑張っていても本店(本部)が何かあれば

最悪、お店をたたまなければならない事もあるかもしれません。

雇われ店長である以上本部の方針は絶対で自分の意志が通らないんですね。

 

 フランチャイズに向いてる人と、絶対にやるべきこと!

・時間とお金に余裕がある

・何をしたらいいかわからない

・気持ちやガッツはあるが技術がない

・とにかく実績を早くあげたい

・夫婦で一緒に起業したい

フランチャイズは、経営に大切なノウハウや商品の調達すべてを伝授できるので

手っ取り早い起業と言えます。

ただ、どんなにノウハウを教えてもらっても

能力不足だと難しいかもしれません。

 

私も店舗を色々と起業してきて1番重要視したのが

『 場所 』

どんなにブランド力があっても、場所によって業績は左右されます。

店舗場所を見極める方法

① 治安の良さ
② 昼と夜の落差
③ 平日と週末の落差
④ その地域の消費レベル

他にも駐車場の確保や駅からの距離、

学校や工場の有無によっても人通りにかなりの差が出てきます。

お店の中身ばかりに気を取られず、

外から客観的に見極めることが1番重要なのだと思います。

関連記事

  1. 起業で失敗しないブログの使い方は?

  2. 夫婦で起業も悪くない?仕事をするための準備を5つやってね

  3. 共同経営トラブルは?共同契約書の書き方

  4. 青色申告と白色申告の違いは、な~んだ??

  5. ハンドメイドブログ作って、時給200円の労働から解放されよう!

  6. ブログや副業、在宅ワークに必要なパソコンは?

  7. シニアさん、ブログで第2の人生始めてみませんか?

  8. 【趣味を仕事にする】って最高じゃん!副業から本業にする方法とは?!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。