青色申告と白色申告の違いは、な~んだ??

「 起業しますよ~ 」と

税務署に事業報告をしたら

税金のことも、これから考えないとですよね。

 

毎年【確定申告】が義務付けられるので

ちょっと頭に入れておきましょう。

聞いたことがあるかもしれませんが、

確定申告には「 青色 」と「 白色 」があります。

起業したばかりなので、私は白色をお勧めしていますが

この2つの違いは何かわかりやすく説明していきます!

 

青色申告と白色申告の違い

ざっくり言うと、青色申告はめんどくさい。。

でも、節税することができます。

逆に、白色申告は帳簿をつけるのも簡単だし

初心者でも取り組みやすいんですが、節税はできない。。

まあ、こんな感じですかね。

 

と、ざっくり過ぎたので詳しく見比べてみます。

 

白色申告とは?

事業所得が20万円を超えると必要

まだ全然収益が出ていない時は、

税金を納めることもないので白色で十分。

年間で20万円を超えると税金のことを

考え始めましょうね。

 

一般の家計簿やお小遣い帳のようなもの

2014年から「帳簿への記帳」と「保存」が

義務づけられました。

手書きでもエクセルでも十分作成できる。

 

追加課税される場合も

白色はきちんとした数字がないと

「 本当はこれくらいだろう 」と税務署の判断で

課税されることが、あります。

 

青色申告とは?

青色には単式と複式がありますが、節税効果を考えて

ここでは【複式】をおススメしています。

 

無条件で65万円差し引き

儲けから、無条件で65万円を差し引くことが

できるので、支払う税金もぐっと

抑えることができますよね!

 

事業を手伝う家族の給料が経費にできる

普通は家族に給料を支払っても経費としては

認めてもらえませんが、

青色の場合は配偶者や家族にも給料を経費として

計上することができます。

ただ、それに見合った給料にしないとダメですよ~

 

30万円以内なら全額経費でオッケー!

パソコンやプリンター、など30万円未満のものを

購入したとき、全額経費とすることができます。

金額も大きいし、儲けから差し引きできたら

助かりますよね。

 

自宅をオフィスにしていると経費とすることができる

自宅兼事務所にしているなら、電気代や水道代

ネット代などなど経費とすることができます。

もちろん、仕事に使用している割合の分だけですけどね。

 

経理のソフト or 事務員がいる 

色々と節税ができるだけに、「帳簿付け」に

結構労力と時間を使います。

ただ、今は簡単な会計ソフトが出ているので

使いやすく、そこまで大きな会社でなければ

事務員さんを雇う必要もありません。

やよいの白色申告オンライン

 

赤字になっても大丈夫!

起業したては、何かとお金がかかって

最初のうちは売り上げもなく赤字になるかもしれません。

しかし、赤字は翌3年間の儲けから差し引きできるんです。

例)1年目 100万円の赤字

2年目 150万円の黒字

150万円 - 100万円(赤字)=50万円

2年目が150万円の黒字でも差し引いた50万円分の

税金しか払わなくていいんです!

 

 

こう見ると、青色申告の方が絶対いいや!と

思いますが、あくまでも

ちゃんと利益が出てから。。

起業ビギナーさんは、「白色」から早く「青色」にしたいですよね!

 

関連記事

  1. 母子家庭

    子育て女性起業支援助成金使える人はどんな人?

  2. 【趣味を仕事にする】って最高じゃん!副業から本業にする方法とは?!

  3. 脱サラしたい人必見!私が飲食店を100万円以内で開業した方法

  4. 起業・副業するときの3大原則を知っていますか?

  5. 夫婦で起業も悪くない?仕事をするための準備を5つやってね

  6. ハンドメイドブログ作って、時給200円の労働から解放されよう!

  7. フランチャイズとは?オーナーになるための契約方法

  8. 私がおススメする起業アイデアの作り方5選!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。