ブログ更新できない、モチベーションダダ下がりの君へ

今月に入ってまだ、ひとっつも更新できてない人!

何人か、おずおずと手を挙げる姿が目に浮かびます。。。

ブログの更新頻度がこれからの収益に大きく左右されることは

みんな頭の中ではわかっているよね。

でも、更新ができない・・・。

いや、もうどうしたらいいんでしょうか。。

 

モチベーションが下がる理由

何でもそうですけど、

 初めの頃が1番楽しい! 

旅行に行く前日が1番楽しい。

両想いになる一歩手前が1番楽しい。

ずっと欲しかった商品が届くまでが1番楽しい。

 

そう、少し慣れちゃうとともに興味はどんどん薄れて気持ちが

離れていっちゃうんですよね。

このポイントをどうするかがブログを継続できるかどうかの分かれ道に

なっているんだと思います。

まずはモチベーションを再び上げることに尽力してみなければいけません。

今さらすべてをさらけ出した夫婦間を

新婚当初の気持ちに持って行くまではめっちゃ大変。

でも、今一度向き合うことは出来るはず。

と、なんだかよくわからん例えになりましたが

とにかくもう一度ブログに向き合ってみませんか??

まずは何で気持ちが覚めちゃったのかを考えてみましょう。

モチベーションが下がってしまった5つの理由
・仕事が急に忙しくなった

・思った以上にアクセスがこない

・アドセンス収益が毎日微々たるもの

・ネタがつきてしまった

・ただ飽きてしまった

ざっとこんなところでしょうか?

さて、この中で再びブログと向き合えるのはどれか?!

ランキング形式で紹介したいと思います。

1位 ネタがつきてしまった

2位 仕事が忙しくなった

3位 思った以上にアクセスがこない

4位 アドセンス収益が微々たるもの

5位 ただ飽きてしまった

 

と、なります。

見て欲しいのが1位と2位は、自分の気持ちは関係なく

自分をとりまく環境や状況にあたります。

それ以下はメンタル部分が関わっているんですね。

じゃあこれらの気持ちを再び熱く燃えたぎらせることは出来るのか?!

ブログ更新できない人への対処法

では、それぞれのモチベーションが下がった理由にあった対処法を私の経験も踏まえて紹介していきたいと思います。

ネタが尽きてしまった場合の対処法

これは結構簡単です。

新しいカテゴリーを増やしてしまいます。

最初に決めたカテゴリーに固執せず、畑違いのものでもいいので

自分が描きやすいジャンルを付け足します。

例えば、今までグルメのことを中心に書いてたのに

最近外食が減ってしまって書くことがない場合。

そこにペットの事や面白い漫画の話しなんかを加えてもOKって事です。

ブログネタに困ったら?7つのアイデアで更新だ!を読む

仕事が忙しくなった

ブログを書くのにかかる時間は平均で2時間くらいだと思います。

中にはもっとかけている人だっています。

毎日仕事が忙しくなると、

その2時間という時間を取れなくなるのはわかります。

でも更新はできるだけした方がいい。

その場合、『 日記 』というカテゴリーに

思ったことを気ままに書き出します。

普段のブログの記事なら画像を用意したり、

色々と調べながら書くので当然時間はかかってしまいます。

だけど

「 最近仕事が忙しくて、睡眠不足だ!!

お肌の老化も促進しているみたいで、やばい!やばい!」と

日記調なら、作業時間がぐっと減りませんか?

「 え?そんなんでいいの?」

と思うかもしれませんが、全記事が情報系でなくても全然いいんです!

これならスマホのアプリで、通勤途中なんかにも書けてしまいませんか?

良い記事を書くのが大切なのではなくて、

続けることが大切なんだと気づいてください。

思った以上にアクセスがこない

こういう理由でブログから遠ざかっている人は

たいてい100記事以下、もしくは50記事以下なんじゃないでしょうか?

ブログに慣れていない人は最初は数で勝負しなければいけません。

毎日アクセス解析を見て一喜一憂していると

自分で可能性を潰していることに気づいてくださいね。

ただ、中にはニッチすぎて記事を書き足してもアクセスを呼ぶのが

難しいものもあります。

そんな場合の対処法はずばり

二つ目のブログを新たに作る です。

アドセンスの収益が微々たるもの

「もっと稼げるかと思った。」という人。

そんなに甘くはありません。

それなら世の中は不労所得者で溢れかえっていますよね。

ブログで生計を立てている人は、

そこも承知で頑張って向き合ってきた人達です。

「もっと割りのいい仕事を探そう」というなら

労働所得に徹するのもいいでしょう。

体力の続く限りならね。

 

あと、アドセンスの広告単価はピンキリです。

もし単価が30円以下の日々が続いているなら、

単価の高いキーワードを使う記事を追加した方が良いと思います。

 

ただ飽きてしまった

これについては対処法はありません。

こういう人は今までの人生で同じように次から次へと

興味が移り変わってきたので、やり遂げることはありません。

なので成功することもありません。

こうなったら、もう知らーーん!!

 

関連記事

  1. 副業でいくら稼いだら確定申告が必要?

  2. 100人いてもたった5人?!あなたはどこで脱落しますか?

  3. 貧困と呼ばれる社会の底辺となる人達が、929万人もいる?!

  4. 老後のお金がない?貧困老人の可能性大!の6タイプ

  5. 脱サラしたい人必見!私が飲食店を100万円以内で開業した方法

  6. 仕事辞める理由ランキングとタイミングは?

  7. 1カ月1万円以上稼ぐが限定!スマホで稼ぐ4つの副業

  8. 超初心者がブログで稼ぐことは、絶対に不可能なのか?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。