リンク先を新しいタブで開く設定方法

あなたがどこかのお店やサイトを紹介したいとき

記事の中に「リンク」をはりますよね?

そのリンクをクリックしたが最後、

あなたのブログに読者さんが戻ってこなくなったら・・・?

自分からわざわざ読者さんを逃がすような設定のままにしている人、

今すぐこれだけやってくれー!

他サイトを新しいウィンドウで開く方法

では実際にやっていきましょう!

ではこのページにあべのハルカスのリンクを貼っていきましょう

まず、リンクしたいサイトのページにいきURLをコピーします。

そして記事の中にリンクさせたい文字を書きます。

今回の例で言うなら「あべのはるかす」と書きます。

そしてその文字を選択し、上にある鎖マークをクリックします。

すると下のように文字の下に枠がでてきます。

ここではまだ枠にURLを貼り付けしません。

左にある歯車マークをクリックします。

このような窓がでてきます。

ここでURLを貼り付け【リンクを新しいタブで開く】にチェックをいれます。

これで完了をクリックするだけです。

実際にこの新しいタブで開いてみるとこのようになります。

自分のサイトは残ったまま、右側に新しいタブでハルカスのサイトが出てきているのが

わかりますよね。

この、新しいタブにチェックを入れていないと

自分のサイトに上書きされて表示されてしまいます。

読者の人があなたのブログに戻ろうとしても

どこに行ったか分からなくなってしまうんですよね。

そんなの、もったいない!

 

私もよくありますが、

記事の途中で関連記事のリンクが気になって、

ついクリックして他のページに飛ぶことがあります。

でも、別タブ設定をしていないと

「さっきの記事どこ行った?」と探さなくてはいけなくなり

途中でめんどくさくなって、そのサイトから離脱してしまいます。

同じタブにしておいた方が良い場合

これは人それぞれの意見ですが、

同じタブにしておいた方が良い時もあります。

例えば、あなたのブログの記事同士にリンクを多く貼っている場合

ページ枚数がどんどん増えてきて

スマホで見ている場合

タブの数が限度に達しました

というようなメッセージが表示されてしまいます。

読者からすると、めちゃめんどくさい事に。

なので、ここは使い分けが必要なんじゃないかなと思っています。

例えば、あまり読み返さなくてもいい記事、

つまりコラム的なものや、自分の日常なんかを書いている

箸休め風記事は同じタブにするようにしてみるのも

いいかもしれません。

いや、この記事だけは最後まで読み切ってほしい!

こういう場合は新しいタブで開く設定をしておくと

いいかもしれません。

あとは、記事の最後にリンクを貼っている場合とかね。

もう最後まで読んでもらったんだから

戻ってきてもらう必要もないですよね。

まあこれは、アナリティクスで自分の離脱率ともよく相談して

決めていけばいいかなと思います。

⇒ 離脱率って何ですか?それは、あなたのブログから脱出している数ですよ

↑ ちなみにこれは1番下にリンクを貼っているので

新しいタブで開く設定になっていません。

是非、参考にしてみてください~

関連記事

  1. 内部リンクを貼ったらコメントとして出る時の解決法

  2. 他サイトの画像をブログに引用する方法

  3. 2018年ping送信リストと設定方法

  4. グーグル検索順位1位になると【クリック率】は何%!?

  5. 【フォトスケープ】という画像編集は神ソフトだという件

  6. httpsとは?sslとは?

  7. WordPress固定ページの使い方とウィジェットの表示方法

  8. ブログデザインの作り方!見た目で9割決まる【読んでもらえる設定】とは?…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。