内部リンクを貼ったらコメントとして出る時の解決法

ブログの滞在時間を増やす効果、

クローラーが回りやすい効果として

内部リンクは絶対に貼るべきだと私は常に言っています。

さて、関連する記事同士をリンクを貼った時に、

ダッシュボードの【 コメント 】にいちいち出てくるのが

うっとおしいと思ったことはありませんか?

また、「私って内部リンク貼り過ぎ?!」と心配な方も

今回はその問題を一発で解決する方法をご紹介していきたいと思います。

内部リンクコメント通知を消すプラグイン

今までだったら記事の内部リンクを貼っていると、

下のようにコメントが来ていましたよね?

これをどうすべきか、ずっと放置している人もいるだろうし

いちいち承認をクリックする人もいるかと思います。

この自分のリンクのコメント通知が

プラグインを導入するだけでこなくさせる方法があります。

では早速インストールしていきましょう!

ダッシュボードから【プラグイン】、新規追加をクリックします。

右にあるキーワードの枠に次のように検索をしてください。

↓ これをコピペしてもいいですよ!

WP Total Hacks

これですね ↓

今すぐインストールをクリックし【有効化】をクリックします。

インストールが済んだら、【設定】にカーソルを合わせると

右側に【 WP Total Hacks 】が表示されているのでクリックします。

次に設定をしていきましょう!

WP Total Hacksを開けると、設定画面がでてきます。

【投稿&ページ】を選択し、【セルフピンバックを停止】をクリックします。

デフォルトは「停止」のままになっているので、

【有効化】を選択して最後に保存をクリックして完了です。

あとは特に何もいじるところはないので放置で大丈夫です。

他の方のコメントはちゃんと届き、

自分の内部リンクがコメントとして出てくることはありません。

内部リンクはいくつまでが妥当?

内部リンクを貼るということはSEO的にも効果があると、

もうみなさんはわかっていると思いますが

記事同士をリンクさせたりするだけで検索順位があがることもあります。

だからと言ってベタベタ貼り付けてもいいのか?

時々、見かけますけどね(;^_^A

一応、規定の数というものはありませんが

私が内部リンクを貼る数の目安を説明しておきたいと思います。

例えば、文字数。

1000文字以上ある記事だったとしたら、

内部リンクは2つくらい貼っています。

3000文字くらいだったら、5つくらいまで。

なので、500文字程度の記事で3つ以上内部リンクを貼るのは

あまり良い事とは言えません。

内部リンクが多すぎる場合の2つのデメリット

「内部リンクは〇個まで!」という答えはありません。

ただ、貼り過ぎた場合はデメリットも生じてくるということを

理解しておいたら良いと思います。

では内部リンクをベタベタ貼っている人に読んで欲しい、

2つのデメリットを紹介していきたいと思います。

pagerankが薄れてしまう

まずブログ記事には『 page rank 』というものが決定されています。

これは何かというと、記事の質や被リンクの数によってそのページは

重要度が高いかどうかをGoogleさんによって決められているんですね。

レベルは0~10に分かれていて、

数字が高いほど評価が高いとされています。

 

で、話を戻すと被リンク(内部リンク)が多すぎると、

このpage rankの評価が分散されていくことになります。

図でわかりやすく表してみます。

Aという記事にBとCの記事へとリンクを貼ったとします。

するともともとページランクの高いAの評価がリンクを貼ることで

BとCに分割されてしまい、

Aの評価が薄れてしまうんですね。

まあ上の図のように単純に引き算形式ではないんですが

わかりやすく言うとこんな感じだと認識してもらえればいいです。

昔は自分の記事のページランクを知ることが出来ましたが、

今はそのツールもなくなっています。

ただ、私たちの目で知る事はできなくなっても

Googleさんはこのページランクを今も指標としています。

 

記事のキーワードが薄れる

記事1つ1つにテーマとなる「キーワード」が入っていますよね。

例えば、「手作りクリスマスケーキ」という記事を書いたとします。

そして記事の中に、

『 ケーキにぴったりのシャンパン3選!』という記事を別で書いていて

そこにリンクを貼ったとします。

他にも『 ケーキを食べなかったことに?驚愕のダイエットサプリ!』の

記事にもリンクを貼ったとします。

そうすると、元々の記事の

『 手作りクリスマスケーキ 』

というキーワードに「シャンパン」と「ダイエット」が入ってきてしまい

関連性が薄くなってきてしまう、という事になります。

↑ これは【リンクカード】を使ってリンクを結んでいる人ではなく

テキストリンクを貼っている方に当てはまります。

まとめるとこうなる

内部リンクを貼ることはブログの滞在時間も増やし

読者さんがあなたの記事をいくつも読んでくれるきっかけを作る事にもなります。

私の場合、なるべく関連したキーワードで内部リンクを貼るように心がけています。

ですが、あまり神経質にならないように

1000文字程度なら他の記事にリンクを1つか2つ貼り、

関連性の薄い記事に飛ばすときには【リンクカード】を使用し、

関連性の濃い記事に飛ばすときには【テキストリンク】にするという風に

使い分けてもいいかなと思います。

関連記事

  1. Googleに記事がインデックスされているか確認する方法

  2. 2018年ping送信リストと設定方法

  3. WordPress固定ページの使い方とウィジェットの表示方法

  4. リンク先を新しいタブで開く設定方法

  5. ワードプレス5.0に更新したら投稿画面が激変した時の解決方法!

  6. Googleマップを記事の中に埋め込む方法

  7. 5分で作れる【アバター作成】無料サイト!

  8. 【フォトスケープ】という画像編集は神ソフトだという件

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。