Googleアップデートでアクセスがあがらない?!ペンギン様とパンダ様について知っておこう!

時々、ブログのアクセスが

ガクーーンッと下がることがありませんか?

「 めちゃくちゃ更新してるのに、何でなん?!」

「 今まで安定していたのに、何でなん?!」

それはGoogleさんが質の良い悪いを判断して、

ふるいにかけているからですね!

 

 

Googleさんがアップデートする理由は?

ブログのアクセスが増えない!アクセスめちゃくちゃ落ちた!

これは偶然でも、あなたの運が悪いわででもありません。

そう、Googleさんのなせる業のためです。

どうやってGoogleさんが、なぜそういうことをするのか?

答えは1つ。

質の良いサイトしか検索にあげないようにするため

です。

例えば、美容やコスメに興味のあるAさんが

アンチエイジング化粧品を検索したとします。

なのに、【アダルト系若作り奥様】とか【アンチで生きていく人の交流サイト】とか

意味不明なサイトがあがってくると、どうなります?

・・・。

・・・・。

・・・・・。

もう、Google検索使わんとこー。

ってなりますよね?

そうならないためにGoogleさんは、

時々サイトの質をふるいにかけるアップデートを行っているわけです。

 

ペンギンアップデートとは?

ペンギンアップデートとは、不正な手段を使ったり

行き過ぎた自作自演のリンクを貼って、

関係ないキーワードでも上位にもってこようと作られたサイトの

順位を下げるものです。

実際にペンギンアップデートで下げられるサイトの作りを紹介します。

不正なリダイレクト

読者が行きたいURLと、あえて違うURLに誘導しようとすること。

自作自演の被リンク

自然な他サイトからもらうリンクではなく、自分が作ったサイトをさも違うサイトのように

リンクを貼ってしまうこと(自然な被リンクは難しいけどね(;^_^A)

同じテンプレートを使ってそこから大量のリンクを貼って流す事。

不正なキーワードの詰め込みや隠しテキスト

白背景に白文字で、わからないようにキーワードを文章中に埋め込んであるサイト。

不正に埋め込んだ数で、他のサイトを圧倒すること

クローキング

クローラーさんには模範的なページを回ってもらうのに、

実際に人が見た時は違うページを見せて騙すこと。

例)

読者用タイトル【1分ですぐに大金が入ってくる方法】

クローラー用タイトル【起業が成功する6つの努力と対策】

パンダアップデートとは?

 

パンダアップデートは、サイトの中身の作りが悪いサイトの評価を下げ

しっかりとしたコンテンツのサイトの評価をあげるアップデートです。

「ペンギンアップデートとの違いがわからん!」とややこしいですが、

これも何がダメなのかを理解しておきましょう。

コピペだらけのアフィリエイトページ

アフィリエイトからのタグコードをそのままコピペして作られたサイト。

とにかく広告だらけの中身ペラペラのページ。

他人のサイトを盗作したサイト

人のサイトの文章や画像を無断で使用して作られたサイト。

つまりオリジナル性がほとんどない。

自動生成された内容ページ

きちんとした文章になっておらず、キーワードだけを埋め込んだ

自動生成されたページ。

誘導ページ

特定のキーワードで上位表示されるために作ったページ。

内容は全く同じなのに、名前や地名、数字や日付だけを入れ替えただけの内容

 

まとめるとこうなる

つまり、今まで順調にアクセスが安定・伸びていたのに

急にガクンと落ちた場合は、

このアップデートにかけられたためだと言えます。

私の周りでよくあるパターンは

アフィリエイトの広告の貼り過ぎ

ですね。

実際に商品を買ってもないのに、

「これイイですよ~」なんて広告リンクをぺたぺた貼っているから

Googleさんにお叱りを受けるんですね。

みなさんも、パンダさんとペンギンさんには注意しましょう!

 

関連記事

  1. 書いても書いてもブログアクセスがこない『つらい時期』の記事数は?

  2. アクセスが伸び悩んだら考える5つの原因

  3. 【モバイルファーストインデックス】って何?いつから?

  4. Google検索の1ページ目に表示される方法

  5. ブログ初心者さん、これをやればアクセス2割アップを約束しよう!

  6. 2018年ping送信リストと設定方法

  7. あなたのブログが検索されない理由と5つのSEO対策を教えるよ

  8. ガチ重要!サイトページ【表示速度】調べ方と画像圧縮方法!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。