やらないのはもったいない!投稿一覧でできるSEO対策

 

ちょっとメンドクサイ作業にはなってしまいますが、

それでも私は毎回きちんとやっている事があります。

 

ダッシュボードから『 投稿一覧 』をクリックすると、

今まで書いた記事がズラーっと出てきますよね。

で、右端にあるこんなものを見た事はありませんか?

 

左からSEOタイトル・SEOディスクリプション・SEOキーワード

この3つは、記事それぞれ単独でできるSEO対策になります。

何もやってない場合は【 いいえ 】となっているはず。

 

で、小さな鉛筆マークがあるので(赤丸)そこをクリックします。

 

すると、小さな枠が出てくるので

そこにSEO対策の文字を入れ込みます。

書けたら、緑色のチェックマークをクリックします。(青丸)

 

じゃあ実際に何をどう書けばいいの?って事ですが

左から順番に紹介していきます。

 

 

SEOタイトル

記事に対するタイトルです。

 

実際につけた記事タイトルでもいいですが、

どうせなら、ちょっと言い回しを変えてみたり

違うキーワードを使った方が窓口が広がります。

 

例)記事タイトル 「 お取り寄せスイーツおススメ5選」

  SEOタイトル 「 スイーツ通販人気ランキング 」

 

ここではスイーツがビックキーワードなのですが

お取り寄せ=通販 のように、類義語をいれるんですね。

 

 

SEOディスクリプション

これは何かというと、

 

Googleやヤフーなどで検索されたときに、

自分の記事がヒットしたとします。

すると、こんな感じになりますよね。

で、囲っている部分がディスクリプションになるんです。

ここを設定しておかないと、

記事の文頭がでてくることになります。

例えば、

記事の書き始めが

「 こんにちは!まだまだ暑いですね!

ところで私が最近思っている事があって・・・・」

となっていたら、この囲っている部分にそのまま出てきます。

 

記事を検索する人はざっとここも見て、

クリックするかどうかを判断します。

 

ですが、ディスクリプションでクリックを誘導する言葉を

入れておけば、自分の記事にアクセスしてくれる確率がぐっと

あがるわけですね。

 

要は、ディスクリプションとは誘導するためのキャッチフレーズを

入れる場所になります。

 

 

SEOキーワード

ここは、記事に関するキーワードを入れるところです。

 

スイーツ,お取り寄せ,通販,

と、キーワードとキーワードの間に半角カンマで区切ってくださいね。

5つくらい入れておくといいでしょう!

 

これを見て、

めんどくせ~!!

と思いましたか?

 

せっかく検索にあがってきても、

クリックされないと意味ないので

そこはめんどくさがらずに(;´・ω・)

 

スポンサーリンク